結婚調査の是非について

是非

 

結婚をするにあたり、結婚調査をした方が良いのではないかと検討する人もいると思うのです。
相手がどのような人か分からないのだから結婚調査をするのは当然と言う考えの人もいます。

 

対して興信所(探偵社)に頼んでまで結婚調査をするなんて、相手の方の事を信用していない事の証だとして忌み嫌う人もいます。

 

この様に興信所(探偵社)に結婚調査を頼む事と言うのは賛否両論ありますが、結果的に依頼するしないは個人の価値観による物と思われます。

 

結婚調査をする上で一番怪しいと思われる物は、結婚詐欺なのではないかと思う事です。
結婚詐欺は私達の財産を全部奪い取るだけではなく、人間不信にも陥らせてしまう危険性があります。

 

結婚してしまってからでは遅いですし、防げる物であれば未然に防ぎたいですよね。

 

この様に結婚調査をする目的としては、結婚相手の事を信じていないと言う事ではなく、クリアな状態で結婚に望みたいと言う心理から出る行動だと思うのです。
万が一結婚詐欺だった場合、色々は証拠が次々と出てくる事でしょう。

 

同時に複数の異性と付き合っているとか、勤め先も違っているとか、名前さえも本当は違っているとか、色々出てくると思います。
とくにギャンブル癖や浪費癖がある様な感じだと、金銭面で難があると言う事になりますので結婚生活を見直さなくてはならなくなります。

 

この様に結婚調査をする事で色んな事が分かり、結婚をするしないの判断に繋がります。
結婚は人生の一大イベントです。
出来れば失敗はしたくありません。

 

興信所(探偵社)に依頼するのは賛否両論あるかと思いますが、結婚調査をする事は悪い事ではないと思うのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加