結婚調査の調査内容【ギャンブル有無・婚姻歴】

ギャンブル

 

いざ結婚するとなった場合、興信所(探偵社)に相手の結婚調査を検討する人も少なくないと思います。

 

相手の事を幾ら好きでも、興信所(探偵社)は一生を左右する重大な決断ですのでやっぱり相手の事を良く知っておいた方が良いのではないかと検討する人も多いと思うのです。

 

もちろん興信所(探偵社)に結婚調査を依頼する事には賛否両論ありますが、どの様な内容の事を調査するのか、ここでいくつか挙げてみたいと思います。

 

【ギャンブル有無】

結婚相手の人がギャンブルをする人なのかどうなのかを見極めた方が良いと思います。

 

ギャンブルのやり方は人それぞれで、あそび程度で済ませられる人、財布にあるお金を全部注ぎ込んでしまうタイプの人、ギャンブルで儲けようと考えている人等、色々あると思います。

 

交際をしている時にはプライベートを全部掌握している訳ではないので、ギャンブルをやっているかどうかが分からないと言う場合も多いと思いますが、結婚後に発覚して家計に影響を出す位ギャンブルをしている人では問題です。

 

どの位のギャンブル歴なのか、よく見極める方が良いでしょう。

 

【婚姻歴】

今は離婚歴がある人は多いと思います。
再婚だからと言って特に問題だと言う事では有りませんが、離婚歴がある場合は養育費を支払っている場合が考えられます。

 

こうした事は結婚前に言っておく事がとても大切だと思いますが、嫌われるのではないかと結婚するまで黙っているケースも結構ある様で、のちのちトラブルとなる事も多いです。

 

結婚歴があるのか、子供がいるのか、養育費は支払っているのか、結婚は何回しているのか等、掌握しておくのも結婚調査の項目としてあります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加